親知らず治療

親知らずが気になりましたらご相談ください

永久歯が生えそろったあとに、奥に生えてくる歯のことを「親知らず」といいます。10代後半から20代前半に生えてくることが多い歯ですが、人によって、生えたり生えなかったりとさまざまです。生えてきたとしてもまっすぐ生えることが少なく、斜めや真横を向いて生えてくる場合が多いです。

親知らずは痛みが生じる場合やまわりの歯に悪影響を与える場合には抜歯が必要になります。親知らずが気になる場合は、大塚駅南口より徒歩0分の歯医者「たまうち歯科」までご相談ください。

親知らずの異常には早めに対処しましょう

親知らずは必ずしも抜かなくては行けないわけではありませんが、親知らずが斜めに生えてとなりの歯と重なると、、食べカスがつまってしまい歯ブラシが届かずブラッシングがしづらくなり汚れが落ちないので隣の歯がむし歯や歯周病になりやすくなります。

親知らずの異常には早めに対処しましょう

親知らずは隣の歯を押し出しながら生えてきます。すると歯並びを乱したり、炎症を引き起こしたりします。痛みがあったり、まわりの歯や歯ぐきに悪影響を与えたりしている親知らずの場合は抜歯が必要になります。

親知らずを抜く場合と抜かない場合

すべての親知らずが抜歯の対象となるわけではありません。お口全体の健康を考えたときに抜歯をしたほうがいい場合がありますので、親知らずが気になる場合は、一度当院までご相談ください。

親知らずを他の場所へ移植することも可能です

親知らずを他の場所へ移植することも可能です

むし歯や歯周病で抜歯が必要となった箇所に、親知らずを移植することがあります。移植をする場合、自分の歯を使う「自家歯牙移植」を行うと骨とくっつきやすく、安全に移植できる確率が高まります。

自家歯牙移植を行えばインプラント治療よりも費用を抑えることができます。条件がそろえば保険も適用されます。お口の状態によってはとても有効な処置となるので、詳しくはお問い合わせください。

歯を抜いたあとの注意点

抜いた日は安静にしてください アルコールの摂取、はげしい運動、長時間の入浴など、血行がよくなるような行為はできるだけ避けましょう
抜いた部位はなるべく触れないでください 抜いた部位は指や舌などで触れないように気をつけましょう。血のカタマリを剥がさないようにすることが大切です。
頻繁なうがいは控えましょう 頻繁なうがいは血餅(血のカタマリ)を洗い流しドライソケットになる可能性があります。ドライソケットとは抜歯したところがかさぶたで覆われずに骨が露出した状態になり、常に痛みを伴う状態をいいます。
腫れてしまっても 抜歯後は患部が腫れます。少しの腫れであれば温かいタオルで温めるようにすると痛みが和らぎますが、ひどく腫れた場合や長引く場合はお早めにご連絡ください。
帰宅後に出血してしまったら…? ガーゼや丸めたティッシュを咬むと30分程度で止血することがほとんどです。万が一、出血が長時間にわたる場合はご連絡ください。
  • たまうち歯科が選ばれる理由
  • たまうち歯科に初めてお越しになる方へ