インプラント・入れ歯治療

まるで自分の歯であるかのように~インプラント治療~

歯を失った場合の治療法はおもに3種類です。隣の歯を削って支台にして橋(ブリッジ)のようにつなげた人工歯を被せる「ブリッジ治療」、歴史が古く比較的手軽に歯の機能を補える「入れ歯治療」、そして手術が必要となりますが、自分の歯に限りなく近いところまで回復が期待できる「インプラント治療」です。

インプラントにはたくさんの種類(メーカー)があります。どのインプラントメーカーも一長一短があり、その中から患者さまの症例に合ったものをたまうち歯科では厳選し、使用しています。

しっかり咬めるようになるインプラント

しっかり咬めるようになるインプラント

インプラント治療とは、歯が抜けた場所の顎の骨に生体親和性の高いチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を被せる治療のことです。ほかの治療法に比べ、より天然歯に近く、ストレスなく心地よく咬める治療法といえます。

インプラント治療のメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 咬み合わせが安定する
  • 天然歯に近い咬み心地が得られる
  • 失った歯の本数にかかわらず機能の改善ができる
  • 定期的なケアをすることで長期間使用できる
  • 手術をしなければならない
  • 費用が比較的高価になる
  • 維持するためには定期的なメインテナンスが必要になる

インプラント手術は危険?

どんな手術でも、トラブルが起こる可能性はゼロということはありません。インプラント埋入手術でも、さまざまリスクがありますのでそのリスクを回避する必要があります。顎の骨に穴を開けるインプラント埋入手術で気をつけなければならないのは、神経に触れたり、血管を損傷したりすることです。トラブルを避けるためには安全な埋入場所を正確に決めることが必要です。

インプラント手術は危険?

そのため当院では、歯科用CTを活用。精密な診断と綿密な計画を立てるのに役立てています。歯科用CTは撮影時間が短く、被曝線量の少ないものを採用していますので患者様への負担もほとんどありません。

ぴったり合っていればお悩みも解消~入れ歯治療~

入れ歯にはいろいろな種類があります。残っている歯がある場合には部分入れ歯をつくり、歯が残っていない場合は総入れ歯をつくります。使用素材が限定される保険診療の入れ歯や使用素材の選択肢がある自費診療の入れ歯もあります。

合わない入れ歯でガマンしないでください

「痛い入れ歯」「合わない入れ歯」にお悩みではありませんか? お口と入れ歯のサイズが合っていなかったり、咬み合わせがずれていたりすることで、そうしたお悩みが発生します。お口にぴったり合った入れ歯なら、快適で心地よい咬み心地を手に入れられるはずです。

歯がない部分は顎の骨が痩せやすく、お口の状態は時間とともに変化します。そのため最初は咬みやすい入れ歯でも、だんだんお口に合わなくなることも。また、入れ歯の摩耗も合わなくなる要因となります。

合わない入れ歯で痛みをこらえていると、その部分に負荷がかかり潰瘍ができることもあります。入れ歯に関してお悩みがありましたら、ガマンせずに当院にご相談ください。

入れ歯を安定させるポイント

お口にぴったり合った入れ歯をつくるためには正確な型採りが必要です。その際には、舌の動き、筋肉の動きなどを考慮しなければなりません。また咬み合わせが悪いと咬むたびに偏った力が加わり、入れ歯が外れやすくなるので咬み合わせを整えることも重要です。

この型採りと咬み合わせに注意すれば、保険診療の入れ歯も快適に使用することができるはずです。当院では、保険診療・自費診療にかかわらず、患者様の使い心地を第一に考えて入れ歯をつくっています。入れ歯でお悩みでしたら、当院までご相談ください。

  • たまうち歯科が選ばれる理由
  • たまうち歯科に初めてお越しになる方へ