一般・小児・歯周病治療

むし歯について詳しく理解しましょう

「歯が痛む」「冷たい物がしみる」などの症状を、たかがむし歯と侮ってお口のケアを怠ると、症状が進行して最終的には歯を失うこともあります。症状が悪化したむし歯は自然に治ることはありません。気になる歯の症状がありましたら、お早めに大塚駅すぐ近くの「たまうち歯科」までご相談ください。

痛みを感じた時には、すでに症状が進行しています

痛みを感じた時には、すでに症状が進行しています

むし歯菌は食べカスをエサにして酸を出します、その酸で歯が溶けた状態を「むし歯」と言います。初期の段階では、「痛い」「しみる」などの自覚症状がほとんどないので、痛みを感じるようになったときには、治療が必要な段階まで症状が進行していると考えて良いでしょう。

むし歯は放置していても治りません

むし歯は放置することでどんどん進行してしまいます。むし歯菌が歯のエナメル質から象牙質、神経、そして根の部分まで蝕んでいきます。そして、最終的には歯を失うことにもつながります。

むし歯は放置していても治りません

むし歯は、早い段階で発見できた場合の治療は比較的簡単です。しかし、悪化することによって、治療も複雑になり通院回数も増えます。歯へのダメージをなるべく減らすためにも早期発見・早期治療を心がけることが大切です。症状の悪化によって歯を失うことがないように、気になる症状がある場合は、なるべく早く治療を受けましょう。

重度のむし歯には根管治療を行います

重度のむし歯には根管治療を行います

歯の神経にまで及んでしまった深いむし歯は、そのまま放置すると最悪の場合、歯を抜かなくてはいけなくなる事もあります。そうなる前に「根管治療」が必要です。根管治療とはむし歯菌に侵された歯の神経や血管を取り除く治療です。

根管治療の重要性

根管治療をせずに歯を失うと、失った歯の両隣の歯が傾いたり、咬み合っている歯が伸びてきたりすることがあり、咬み合わせの乱れが生じます。歯並びが乱れることでブラッシングがしづらくなり、むし歯や歯周病にかかるリスクも上がります。また、咬み合わせの乱れはお口まわりだけでなく全身の健康に悪影響を与えます。

治療を中断するリスク

歯科治療において通院回数が増えると、途中で治療を中断してしまう方も多いようです。しかし、治療の中断は非常に危険です。次のようなタイミングで治療をやめてしますケースが多いようなので、そのリスクについてご説明します。

根管治療中にやめた場合 重度のむし歯の治療中に中断することは抜歯の可能性を高めます。痛かった歯が突然痛く無くなり、むし歯が治ったと勘違いしがちですが、神経が死んでしまったために「痛みを感じなくなっているだけ」なので、それは非常に危険なケースです。
仮歯のままでやめた場合 仮の歯は耐久性がありません。「咬めるから……」と仮歯のままでいると、外れたり壊れたりします。そしてお口全体のバランスが悪くなり、病気感染のリスクも高まります。
歯が抜けた後、
歯がない状態でほうっておくと
むし歯や歯周病によって歯を失った後は、歯の痛みがなくなることで治療を放置しがちです。しかし、歯がなくなることで歯並びや咬み合わせを乱すことにもつながるので、インプラントや入れ歯など、歯を補う治療が必要です。

どんな治療の中断もお口の健康の妨げになります。予約を取り直してなるべく早く治療を再開しましょう。

お子さんが小さいうちから歯をケアすることが大切

乳歯は永久歯に比べて歯が弱く、むし歯になりやすい歯です。そのため、むし歯にならないように入念な予防をすることが大切です。子どものうちからむし歯予防をしておくと、大人になってからもむし歯になりにくい体質の維持につながります。むし歯予防は痛みを伴いませんので、お子さんも痛みを恐れる心配がありません。また、むし歯にかかってしまった場合は早期発見・早期治療がなりよりも大切なので、定期検診を活用して早め治療が行えるようにしましょう。

当院での小児歯科について

当院での小児歯科について

小児歯科でとくに気をつけていることは、お子さんの気持ちを尊重することです。当院では、押さえつけての「無理やり」の治療は行いません。小さなころに歯医者を怖がるようになってしまうと、その後も歯医者に対して苦手意識を持ってしまいます。そうなるとむし歯や歯周病などのお口のトラブルの予防も治療も滞りがちに。そして、お口の健康がどんどん悪化……。そんな悪循環に陥らないように、お子さんが歯科医院を怖がることがないように治療を行っています。

PICK UP!! 妊娠中はとくにお口の健康に注意が必要です

新たな生命を宿している妊婦さんは、ホルモンバランスの変化によりお口の中のトラブルが起こりやすいといわれています。そして、妊娠初期の「つわり」がある場合は、お口の中に歯ブラシを入れただけでも気分が悪くなるなど、歯みがきによるお口のケアができないことも多々あります。食事も少しずつしかできず、唾液の分泌される機会が減ることで、お口の中は細菌が活動しやすい環境になります。

このようにいくつもの条件が重なることにより、妊婦さんはむし歯や歯周病(妊娠歯周炎)にかかる危険性が高いといえます。妊婦さんのお口の健康は、生まれてくる赤ちゃんにも影響しますので、妊娠5~8ヶ月の期間に歯科医院での検診をおすすめします。

歯周病について詳しく理解しましょう

歯周病は、歯ぐきの炎症から始まり、悪化すると歯を支える顎の骨を溶かし、やがては歯が抜け落ちてしまうことにもつながる病気です。日本人が歯を失う原因の第一位でもあります。治療せずに放置することによってどんどん進行してしまうので、「歯ぐきが腫れている」「歯ぐきからの出血がある」「歯がグラつく」「口臭がきつくなった」など気になる症状がありましたら、なるべく早く当院までご相談ください。

成人の約8割が歯周病または歯周病予備軍です

生活習慣病ともいえる歯周病。日本では成人の約8割がすでに歯周病にかかっているか、またはその予備軍だといわれています。初期の段階では自覚症状がないので、放置することで症状が悪化することも。早期発見・早期治療を心がけるために日々のケアや定期的な検診を受けるようにしましょう。

今すぐ歯周病リスクチェック

~歯周病チェックリスト~

起床時、口の中がネバネバする
冷たい物がしみる
口臭がきつくなった
ブラッシングの時、歯ぐきから血が出ることがある
歯ぐきが赤黒く腫れている
歯ぐきがブヨブヨしている
歯ぐきが下がって、歯が伸びたように見える
硬い物を咬むと痛みがある
歯と歯の間に物がよくはさまり、歯のすき間が広くなってきた
歯ぐきから膿が出る
歯がグラグラする
チェックが「0」個の方は……
今のところ問題はないようです。これからも健康な状態を保つために毎日のお口のケアを続けましょう。また歯科医院で定期検診を受け、お口のトラブルを効果的に予防しましょう。
チェックが「1~3」個の方は……
軽度の歯周病の可能性があります。歯周病は早期発見・早期治療が大切です。これ以上悪化させる前に治療を受けましょう。
チェックが「4~7」個の方は……
中等度の歯周病かもしれません。これ以上悪化させる前に、できるだけ早く治療を始めましょう。
チェックが「8」個以上の方は……
重度の歯周病の可能性があります。放っておくと歯が抜け落ちてしまうことにつながりますので、すみやかに歯医者さんに相談し治療を受けてください。
  • たまうち歯科が選ばれる理由
  • たまうち歯科に初めてお越しになる方へ